子供から学ぶ

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

仕事を終え帰宅すると息子達がなんやら箱に向かって話しかけていました。

その正体は自分達でつくった家。

いらない箱を切り抜いて家をつくったそうです。

中を見て見てと言うのでのぞいてみると、乾電池がぶら下がっていました。

これ何なんと言うと、電気やんかと教えてくれました。

そうか電気か❓電池ではなく❓

息子いわく、おもちゃでもなんでも電池がなければ動かないやん。

電気もそうやろと答えました。

そんな発想で電池をぶら下げた息子に、なるほどと思ってしまった私でした。

乾電池を電気と思う感覚、そんな気持ちを今一度持ちたいと思う日となりました。

 

断熱工事に行ってきました

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

長岡京市へ断熱工事に行ってきました。

以前から交流のあるライオンホームさん。

ここの社長さんは若いけど凄くやりての方です。

三階建の西面を外部から断熱施工するという数回しか経験のない現場でした。

隣地との間隔が狭く足場に上がるのがやっとの空間、肥えてる私にはかなりハードな現場です。

工期も決まっているので本日も施工に行きます。

 

防音効果

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

もうすぐお引渡しの店舗併用住宅ですが、店舗はカラオケスナックでして外部に音が漏れない設計にして下さいとのことでした。

色んな防音、吸音材がありますが、以前遮音シートや吸音ボードも試して施工してきましたが、どうも納得のいく効果が得られませんでした。

そこで、得意のセルロースファイバーで試すことにしました。試すというより経験上これしかないと思っていましたし、普通の住宅では雨の音、車の音が聞こえないので快適に生活していますとのお声もたくさん頂戴していたので店舗にも採用してもらいました。

内心不安はありましたが、第一興商さんの立会いのもと通常のカラオケ音量で私が二曲熱唱し、外部への音の漏れを確認しました。

かすかに聴こえる程度で確実にセルロースファイバーが防音してくれました。サッシや玄関ドアからの漏れを心配していましたが、それより24時間換気の給気口からの音の漏れがおおくありました。

第一興商さんにも、これなら完璧ですと言っていただけ開店に向けホッと安心する

見学に行ってきました

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

先日、姫路のヤマヒロさんのモデルハウスに見学に行かせていただきました。

各ハウスメーカーも軒をならべる住宅展示場の中にヤマヒロさんのモデルハウスがあり、展示場の駐車場に入った瞬間目に飛び込んできました。かっこいい。圧倒的な存在感の家、そして緑の植栽とのバランス、やっぱり木の家には緑が似合います。

見学の機会をいただいた三渡社長様、社員の皆様お世話になりありがとうございました。

私も頑張ります。

 

つながり

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

梅雨があけ塗装工事の見積もり依頼が増えてきました。

お世話になってます電気屋さんのご紹介で見積もりに行ったところ

お客様から隣も見積もりお願いしますとご紹介をいただきました。

これは本当にありがたい事で、お客様とご近所様の良好なお付き合いがあればこそだと思います。

これだけでは終わらず、またその隣の方がうちも見積もりお願いしますと言ってこられました。

仕事をいただいたお客様の現場まわりは、お客様の大切なご近所さんです。常に細心の注意をはらい挨拶から掃除まで徹底して行うようにしてきました。

見えないつながりを常に意識し行動したいと思います。感謝

日置の家の光熱費

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

昨年12月にお引渡ししました日置の家のA様からご報告をいただきました。

オール電化の45坪 太陽光6キロ 家族4人

7月の電気代10,830円

売電    18,662円

エアコン設定27度で2,3台を1日中稼働されています。

省エネ暮らしができていますとのお言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。

他社様と光熱費の競争をするつもりもないですし、自慢する気もありません。

お客様のお言葉で競いたいと思います。

嬉しいご報告ありがとうございます。感謝

 

 

 

気流止めの重要性

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

現在進行中の現場です。

お客様からとにかく寒い部屋なので暖かくしてほしいとのご要望がありました。

壁をめくるとかなり昔のグラスウール断熱材、そして土の荒壁が姿を見せました。

よく見てみると荒壁、間仕切壁と床のとりあい部分に隙間があるのがわかると思います。

 

この隙間の下は床下で外部と同じ環境になっており手をかざすと風を気持ちよく感じることができます。

今まで壁の中を風がはしっていた証拠としてグラスウールに埃が付き黒くなっていました。

これではただのガラス繊維です。

壁内が外部と同じ環境になっていれば、暖かい部屋になるはずがないです。

そこでしっかりと空気の移動、気流を止めることが重要になります。

こうして空気の流れをしっかりと止めます。

室内で発生した水蒸気は透湿して壁に入り壁内結露が心配されますが、それ以上にこの外部から空気の流れによって運ばれてくる水蒸気の方が壁内結露のリスクをあげてしまいます。

高気密、高断熱にするには、気流止め施工をしっかりとすることが重要になってきます。

体感こそ性能

南丹市で自然素材での高気密、高断熱を実現するセイチョーです。

今日は4月に引き渡しました八木の家にたまたま用事がありお邪魔しました。

家の中に入らせていただきましたがものすごく涼しく感じました。

エアコンが動いているんだなと思いましたが、エアコンはまだ設置していないそうです。

奥様いわく、扇風機でまだ十分ですと言っておられました。

家の中の温度を測ってみると28度、湿度は58パーセントでした。

温度はもっと低く感じましたが、とにかく空気がさっぱりして気持ちがよい。

自然素材をふんだんに使用し、断熱、気密は真心施工。

断熱性能の違いで室温が同じでも体感温度は大きく変わる。

この体感温度に影響するのが室内の壁、床、天井の表面温度です。

室内の表面温度の上昇を遅らすのが断熱、気密でありしっかりと施工できていなければ表面温度が上昇し体感温度が上がってしまいます。

住まわれてからの体感こそが性能であり、これこそが弊社の性能であると思います。

数値では語れない真を宝として今後も提案していきたいと思います。

 

 

 

 

 

経営理念

南丹市で高気密、高断熱専門店のセイチョーです。

与えていただいた仕事を確実に精一杯する。

そんな毎日ですが、何かぼんやりとした気持ちが心の中ににありました。

そんな時、素晴らしい経営者の方に出会う事ができ色々経営の話を聞かせていただきました。

会社を経営していくには、代表者である自分が向かうべき方向を定め、夢を持ち、その夢の達成のために今をどう行動するかが大切です。社員がいたらそれを共有し共に同じ方向を向く。

今のままでは毎日が同じことの繰り返しになり、何の為に仕事をしているのか、お客様に何を与えたいのか、会社の存在意義を今一度考えなければいけないと思いました。

今までの人生と照らしあわせ、どんな気持ちでお客様と向き合っていたのかを考え、経営理念が心にあらわれました。

 

建築をとおし  地域福祉に貢献する  会社を目指す

 

向かっていた道が見えました。

感謝の気持ちと努力を忘れず進んでいきたいと思います。

 

 

 

志の追求

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

ここ最近たくさんのご縁をいただき忙しくさせていただいております。

先日、ある会長との出会いがあり来週経営のご指導を仰ぎに行かせていただきます。

忙しいに溺れることなく、なぜ忙しくさせていただけているのかを追求し、自社経営とサービスに努めていきたいと思います。

中学時代、室伏先生のご指導で記録と志が変わりました。

感謝