樹脂サッシ

南丹市八木町 八木の家

弊社が標準採用している樹脂サッシですが、壁には断熱材が充填され断熱性能をあげるのに、開口部である窓も断熱するという意識がありませんでした。
そんな中、色々なセミナーに参加して開口部の断熱性能をあげる事の重要性を知りました。
昔は単板ガラスが普通であり、冬になると窓が結露して、その対策に悩まされた家はたくさんあると思います。そんな中、新築、リフォームでサッシを交換する時には、絶対と言っていい程、ペアガラスにして下さいと言われます。
なぜかとお聞きすると、結露しないんでしょペアガラスにしたらと。
ペアガラスにすれば、結露しない訳ではなく結露します。
住まい方によりますが、ガラスの表面温度を上げないと結露してしまいます。
樹脂サッシにしたから結露しない訳でもないです。
どの様な状態が重なれば結露しますとしっかりと説明し計画を立てる事が大切であると思います。

庇の必要性

八木の家に庇が付きました。

庇を計画する上で大切なことは、夏の日射を遮り、冬の日射は取り込むこと。
計画通りにいっているかは、今後現場でチェックしていきます。

庇内部もしっかりと通気するように加工しています。

ひと手間かかりますが、通気なしでは木材の劣化につながりますのでしっかりと施工しなければいけません。