外壁を選ぶ時知っておきたい事

現在建築中の焼杉の家

外壁材にはいろいろある

窯業系サイディング

新築戸建ての10棟に7棟はこの外壁が使用されています。セメント質と繊維質を主な原料としていて板状に形成されたものです。

レンガ調のサイディングですがパッと見た感じはレンガに見えますが、よくよく見ると二階の出隅の部分に白い線が入っています。これは外壁同士の継の部分でゴム状のシール材で水が入らないように処理されています。色々な模様があるので選ぶのが大変です。施工日数はかなり短縮できます。

しかし、選んだ外壁柄が数年で廃盤になることが多く一部補修となると同じ柄で合わすのは難しいことがあります。

リフォームで一番多い塗装工事の真実

新築してから10年を目処に塗替えが必要となるのがサイディング壁です。壁自体よりも継目のシール材の劣化の方が早くだいたい7年でシール材は寿命を迎えると言われています。ですので、毎10年毎に塗替えをしなければなんらかのトラブルが発生する恐れがあります。塗料にも色々あり、今はシリコン塗料が多く使用されていますが、施工業者によっては悪徳業者が多く期待していた耐用年数をはるかに下回る工事がされている現実があります。まだまだサイディングの家が今後もたくさん建ちますので、塗装リフォーム工事は増えて、オーナーさんの負担は増えていく傾向にあると思います。

シラスそとん壁

主成分柄シラスと呼ばれる火山灰でできた壁材です。防水性と透湿性に優れた材で左官屋さんによって施工されます。

木との相性が抜群で、なんも言えない存在感のある壁材であると思います。少しびっくりするのが横なぐりの雨が壁にあたると壁が濡れた状態となり、あの壁おかしくないとはじめて目にした人は言います。でもそれがそとん壁の特徴で、徐々に乾いていきます。顔料自体も石を砕いたもので酸化することなく塗替えの必要はほとんどないと言われています。ただ、慣れた左官屋さんでなければ塗りのタイミング、気候条件に左右されるので、間違うと壁が色ボケたりします。建築家の伊礼智さんもよく採用されています。

 

 

 

プラン考えています。

プラン考えています。

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

新築工事のプランを考えています。

子育て真っ最中のお客様でして、先日打ち合わせしたご要望をプランに落とし込んでいます。

シンプルでカッコよい家にして下さいと言われています。

朝4時からプランを開始しとりあえずの形ができました。

まだまだこれからですが。

今年中に着工できたらと思いますが、しっかりと打ち合わせを重ね、お客様と一緒に楽しんでいきたいと思います。

 

八木の家に行ってきました

八木の家に行ってきました

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

4月にお引渡ししました八木の家にいきました。

ロフトにアイアン手摺を設置しました。

コンパクトな土間のある家になってます。

小さなお子様もロフトに登ったり、靴にはきかえ土間で遊んだりと、家の中で色んな遊びを考え笑顔いっぱいで走りまわる姿をみて、とても嬉しくなりました。

お引渡ししました。

お引渡ししました。

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

4月に上棟しました店舗併用住宅新築工事。

無事にお引渡ししました。

計画から色々とあり、もしかしたら無理かもしれないと思う時がありました。予算、融資の事、今から思えば多くの学びをいただき自身も成長出来たんではないかと思います。

南丹市八木町 スナックくれない

本日開店です。宜しくお願いします。

最後になりましたが協力業者の方々、ありがとうございました。

感謝

 

 

 

 

 

日置の家の光熱費

日置の家の光熱費

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

昨年12月にお引渡ししました日置の家のA様からご報告をいただきました。

オール電化の45坪 太陽光6キロ 家族4人

7月の電気代10,830円

売電    18,662円

エアコン設定27度で2,3台を1日中稼働されています。

省エネ暮らしができていますとのお言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。

他社様と光熱費の競争をするつもりもないですし、自慢する気もありません。

お客様のお言葉で競いたいと思います。

嬉しいご報告ありがとうございます。感謝

 

 

 

体感こそ性能

体感こそ性能

南丹市で自然素材での高気密、高断熱を実現するセイチョーです。

今日は4月に引き渡しました八木の家にたまたま用事がありお邪魔しました。

家の中に入らせていただきましたがものすごく涼しく感じました。

エアコンが動いているんだなと思いましたが、エアコンはまだ設置していないそうです。

奥様いわく、扇風機でまだ十分ですと言っておられました。

家の中の温度を測ってみると28度、湿度は58パーセントでした。

温度はもっと低く感じましたが、とにかく空気がさっぱりして気持ちがよい。

自然素材をふんだんに使用し、断熱、気密は真心施工。

断熱性能の違いで室温が同じでも体感温度は大きく変わる。

この体感温度に影響するのが室内の壁、床、天井の表面温度です。

室内の表面温度の上昇を遅らすのが断熱、気密でありしっかりと施工できていなければ表面温度が上昇し体感温度が上がってしまいます。

住まわれてからの体感こそが性能であり、これこそが弊社の性能であると思います。

数値では語れない真を宝として今後も提案していきたいと思います。

 

 

 

 

 

外壁面材施工

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

店舗併用住宅新築工事の現場です。

弊社の標準仕様の耐力壁モイスを施工中です。

このモイス、天然素材が主成分で土に還り、肥料にもなる優しい外壁面材です。セルロースファイバーとの相性も抜群です。

黒くみえているのは気密を取るためのパッキンです。

この施工が終われば、サッシを設置して外壁の施工へと進んでいきます。

八木の家お引渡し

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

八木の家を先月末にお引渡ししました。

施主自身がタイル職人で、壁、天井は漆喰、LDKは600角のタイル張り、内部の仕上げは全て任せています。

竣工写真を撮るのはまだまだ先になります。

限られた予算のなかでも、弊社のこだわりである自然素材での気密、断熱施工もしっかりとできました。

気密なくして住宅の性能の保証はできない。

そう私は考えています。

昨年12月末の上棟の時は天候に恵まれませんでしたが、工事期間中職人さん同士の息も1つになり皆で完成へと導いていただきました。

H様の新しい物語が始まります。今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。感謝

 

 

地鎮祭を執り行いました。

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

昨日地鎮祭を行いました。

計画から色々とありましたが、たくさんの人にお世話になりここまでくることができました。

今回は店舗併用住宅です。初の防火地域での建築なので色々と学びたいと思います。

店舗部分はスナックでカラオケが途切れることなく鳴り響きます。そこで、防音効果が期待できるセルロースファイバーがどれだけ効果を発揮するかも楽しみです。

気密と断熱のノウハウを駆使して温熱環境も最高のものにします。

来月上棟です。宜しくお願いします。

足場が撤去されました

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

 

 

八木の家 足場を撤去しました。

やっとここまできました。

ここまで来るのに大変な道のりでしたが、限られた予算の中で設計、計画し、ローコストながら基本に忠実にしっかりと気密、断熱施工もできたと思います。

内部の仕上げは、お客様がすべてされます。

お客様と共に来月引き渡しにむけ、今後の工事の過程を楽しみたいと思います。