つながり

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

梅雨があけ塗装工事の見積もり依頼が増えてきました。

お世話になってます電気屋さんのご紹介で見積もりに行ったところ

お客様から隣も見積もりお願いしますとご紹介をいただきました。

これは本当にありがたい事で、お客様とご近所様の良好なお付き合いがあればこそだと思います。

これだけでは終わらず、またその隣の方がうちも見積もりお願いしますと言ってこられました。

仕事をいただいたお客様の現場まわりは、お客様の大切なご近所さんです。常に細心の注意をはらい挨拶から掃除まで徹底して行うようにしてきました。

見えないつながりを常に意識し行動したいと思います。感謝

外壁の塗り替えも家の状態により選定する

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

よく新聞折込みに、外壁塗装工事◯◯万円ポッキリなどと広告が入っています。サイディングやモルタル壁をターゲットにされており、現場の状態もわからずに値段を書いているのには少し怖いところがあります。

塗料にもいろんな種類があり、ひと昔前はウレタン塗料がよく使用されていましたが、今はシリコン塗料が主になっています。

ある時ハウスメーカーさんと相見積りになった時がありましたが正直びっくりするくらい高かったです。独自のオリジナル塗料と書かれていましたが、よくよく考えると塗料メーカーではないハウスメーカーが製造している訳がないですよね。容器を入れかえてるだけかな❓

結局お客様はハウスメーカーを選ばれませんでした。

弊社でよくご提案する塗料は、フッ素塗料もしくは遮断熱塗料ですが、フッ素は期待できる耐用年数が15年くらいとシリコンにくれべてもながいです。遮断熱塗料とは字のごとく遮熱と断熱性能をあわせ持ち水蒸気も通すという優れものです。

家の状態、予算によって提案する塗料を考えています。

築35年のモルタル壁を塗装した例をあげると

木造2階建で、通気層なしで無断熱。モルタルに吹き付けです。

想定されるのは、塗膜のキレた壁は水蒸気が室内外を行き来している。

この動きを止める塗料を外壁に塗れば、水蒸気は壁の中で止まる恐れがあり壁内結露するかもしれない。

断熱材が施工されていないので、塗装後も寒さ、暑さが解消されることがない。

そのようなリスクをなくすためにご提案したのが遮断熱塗料スーパーエコです。

夏場でしたので塗装後をサーモカメラで確認

外壁の表面温度は施工前より上がっていませんでした。

ただただ塗ればよいというものではなく、そのようなリスクがあることをお伝えするのも大切だと考えています。

塗装のプロではないですが、温熱環境を追求しているからこそできる提案があると思っています。

 

 

 

自然にとけこむ外壁

南丹市で高気密、高断熱専門店のセイチョーです。

外壁の仕上げ材は色々ありますが、自然にとけこむ外観にしたいのでお客様へは自然素材の外壁材をご提案しています。

昨年お引渡ししました日置の家は、自然素材のシラスでできた そとん壁を採用していただきました。


青い空、山の緑に自然にとけこんでいるでしょ!

 

今建築中の八木の家では、杉板を採用していただきました。

自然の風景に逆らわない外観となったと思います。

自然界にあるものを使用するということは、時と共に自然に流れていき、自然の空気に触れながら表情をかえていく。

経年劣化ではなく、経年美化をお客様と楽しみたいと思います。

 

 

外壁施工中

八木の家では外壁の施工に取りかかりました。
外壁面材に透湿性のあるモイス、透湿防水シートにタイベックを張っています。
通気層確保にたて下地を施工し、防虫、通気の為の部材を付けています。

Image 3


最近大手ハウスメーカーでこの通気層からコウモリなどが侵入し問題になっていました。
水切り部材はアングルを使用しすっきりと納めています。

今回初採用の杉下見板鎧張り仕上げですが、無塗装の杉板に塗装をと考えましたが、浸透性の自然素材系の塗料でも色が濃いものほど色飛びが目立ち、数年後には塗装が必要となります。
そこで、なるべくメンテナンスコストがかからないようにと提案したのがウッドロングエコにドボ漬けされた杉板です。
ウッドロング(木材防護剤塗装)とは
顔料により着色するのではなく、木に含まれているタンニンを発色させるために再塗装が不要で、なんとも言えない表情があり経年変化を楽しめるのも魅力です。

仕上がりが楽しみです。