子供から学ぶ

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

仕事を終え帰宅すると息子達がなんやら箱に向かって話しかけていました。

その正体は自分達でつくった家。

いらない箱を切り抜いて家をつくったそうです。

中を見て見てと言うのでのぞいてみると、乾電池がぶら下がっていました。

これ何なんと言うと、電気やんかと教えてくれました。

そうか電気か❓電池ではなく❓

息子いわく、おもちゃでもなんでも電池がなければ動かないやん。

電気もそうやろと答えました。

そんな発想で電池をぶら下げた息子に、なるほどと思ってしまった私でした。

乾電池を電気と思う感覚、そんな気持ちを今一度持ちたいと思う日となりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です