壁の外側を断熱する

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

2年程前になりますが、店舗のリフォームをさせていただきました。

もともとガレージ部分を改修して美容室をされているのですが、外気と接する壁には断熱材は施工されていませんでした。少しでも店舗部分多くとの思いもあったのか、壁の厚みもあまりなく断熱を入れるスペースはありませんでした。

壁の下地はそのままに改修する計画ですが、店舗内がとても寒くてできれば寒さを解消できればお願いしますとのことでした。

そこで提案したのが壁の外側に断熱する方法です。

カーボン入りのボード状断熱材を張り、固定します。

そして、樹脂モルタル、仕上げ材を塗り完成です。

サーモカメラで熱損失がないか確認すると

この通り熱損失はありません。

完成後は冷暖房が以前よりよく効くと喜んでいただきました。

小さな面積でも断熱することの大切さを学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です