セルロースファイバー断熱材を施工側から検証

施工の方法

専用シートをはる

まずは壁・天井に専用のシート(不織布)をはっていきます。

ここで注意しなければいけないのがシートにたるみを発生させない事です。

慣れるまではこの作業が難しい。

でも充填断熱ではこのシートの施工精度で性能にばらつきがでてしまいます。

 

 

充填施工

セルロースファイバーは専用の機械を使用して壁、天井、屋根に充填していきます。

機械に断熱材を入れホースを通って放出され、ちょうど消防の放水のような感じです。

充填施工で気を付けることは、ホースの先から伝わる手の感覚をしっかりと覚える事です。

手袋をしているとその感覚の伝わりが薄く必ず素手で施工しています。

丁寧に左・右・真ん中といったリズムで充填する。

 

 

 

充填状況を確認する

必ずシートを捲って施工を確認しています。

欠損ができる箇所としては隅の角です。

充填出来ているかの確認は手でシートの張を感覚で判断するのですが

隅の角は殆どの施工費者は確認できていないと思います。

充填施工の写真のように、下より上の充填が慣れた施工者でも気が抜けない部分となります。

 

まとめ

セルロースファイバーは隙間なく充填できると言い切ってはだめです。

新築の場合とリフォームの場合でも同じ施工をしていても充填にムラがでます。

その状況にあった施工の仕方を覚えなければ対処出来ず、取り返しのつかない欠損ができ

性能が確保出来ません。

どのような断熱材でも施工者に左右されます。

しっかりとした施工魂で施工さえ出来れば、最強の断熱材と思います。

あと、セルロースファイバーで覆われた家は外壁の劣化速度が遅くなります。

北側の外壁は苔が生えやすいのですが、築数十年でも苔が生えていない状況を確認済みです。

 

 

外壁を選ぶ時知っておきたい事

現在建築中の焼杉の家

外壁材にはいろいろある

窯業系サイディング

新築戸建ての10棟に7棟はこの外壁が使用されています。セメント質と繊維質を主な原料としていて板状に形成されたものです。

レンガ調のサイディングですがパッと見た感じはレンガに見えますが、よくよく見ると二階の出隅の部分に白い線が入っています。これは外壁同士の継の部分でゴム状のシール材で水が入らないように処理されています。色々な模様があるので選ぶのが大変です。施工日数はかなり短縮できます。

しかし、選んだ外壁柄が数年で廃盤になることが多く一部補修となると同じ柄で合わすのは難しいことがあります。

リフォームで一番多い塗装工事の真実

新築してから10年を目処に塗替えが必要となるのがサイディング壁です。壁自体よりも継目のシール材の劣化の方が早くだいたい7年でシール材は寿命を迎えると言われています。ですので、毎10年毎に塗替えをしなければなんらかのトラブルが発生する恐れがあります。塗料にも色々あり、今はシリコン塗料が多く使用されていますが、施工業者によっては悪徳業者が多く期待していた耐用年数をはるかに下回る工事がされている現実があります。まだまだサイディングの家が今後もたくさん建ちますので、塗装リフォーム工事は増えて、オーナーさんの負担は増えていく傾向にあると思います。

シラスそとん壁

主成分柄シラスと呼ばれる火山灰でできた壁材です。防水性と透湿性に優れた材で左官屋さんによって施工されます。

木との相性が抜群で、なんも言えない存在感のある壁材であると思います。少しびっくりするのが横なぐりの雨が壁にあたると壁が濡れた状態となり、あの壁おかしくないとはじめて目にした人は言います。でもそれがそとん壁の特徴で、徐々に乾いていきます。顔料自体も石を砕いたもので酸化することなく塗替えの必要はほとんどないと言われています。ただ、慣れた左官屋さんでなければ塗りのタイミング、気候条件に左右されるので、間違うと壁が色ボケたりします。建築家の伊礼智さんもよく採用されています。

 

 

 

ユニットバスでも寒いんです

ユニットバスネタが続きますがこの時期に見に染みて思う事をお伝えします。
自宅のユニットバスですが、これが最高に寒いんです。
どう寒いかと言うと、壁に触ると冷たい、浴槽にお湯はりしてもすぐに冷める、ドアを開けて踏みこむと天井から水滴が雨のように降り注ぐ、こんな具合です。
タイル貼りのお風呂から、ユニットバスにリフォームすればあたたかくなると思われがちですが、それは間違いと言うか、工事のやり方によってとんでもなく寒いお風呂になってしまいます。
高気密、高断熱と叫ばれるようになってから、工事業者の意識も変わり、こうすればあたたかくなるという意識がでてきましたが、ひと昔前はそんな意識はなかったと思います。お客様にすれば、工事を依頼した業者に任せるしかなく、出来上がった綺麗なお風呂に満足し、どうもおかしな事に冬がもの凄く寒い事に気付く。
せっかくあたたかいお風呂になると思ったのにとショックを受ける方てたくさんいるのではないでしょうか。
原因は、工事業者の知識不足です。
少しの手間を加えるだけで、あたたかいお風呂を手に入れる事ができます。
ユニットバスをご検討されている方は、この寒い環境を知り尽くした経験を元に、あたたかいお風呂の手に入れ方をお伝えします。

ユニットバスはどのメーカーがいいのか

最近お風呂のリフォーム工事のご依頼が増えてきました。
色んなメーカーのユニットバスがありますが、1番はやはりTOTOではないかと思います。中でも、サザナというシリーズをお客様にご提案しています。
なぜかと言うと、床の肌触りが最高によくて、小さなお子様や、高齢者の方にも大変優しい素材となってます。足にフィットし、低反発枕の様な肌触り、他メーカーを考えておられたお客様でさえショールームに行くと、これに決めたと言っていただいています。
競争のようにめまぐるしく変わるメーカーの仕様ですが、このTOTOさんの技術に追いつくには数十年かかるそうです。
あとTOTOさんは水まわりの商品が豊富で、ユニットバス本体以外は他メーカーの水栓であったりするのが多いのですが、ほぼ一社で完結しています。
元水道屋からすると、水栓や各部材がしっかりとしていて細かなところまで丁寧な作りになっていて、故障も少なく長持ちすると経験上思います。
たまにユニットバスからユニットバスへの入れ替えリフォームがありますが、今までTOTOの商品を解体した事はありません。たまたまかもしれませんが、それだけしっかりとしているという事なんでしょうね。
決してメーカーさんのまわし者ではないですが、元水道屋だからわかる経験上のお話をお伝えしました。

どんぐりの雨

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

すっかり秋の気候になりましたが、まだまだ半袖で過ごせる自分が怖いです。

さて、私の自宅の裏庭に大木のシラカシの木があります。どれくらいあるかというと全長15メートルはあるかと思います。

この時期沢山のどんぐりがなっていて子供が小さい頃(今でも小さいですが)どんぐり拾いを一緒にしていました。

仕事の車をこの裏庭に停めていて乗り込むまでに、いつも数発のどんぐりが頭に落ちてきます。まさにでっかい雨粒です。

しかしながら、この大木のおかげで緑を自宅二階の窓から眺めることができ心を落ちつかしてくれます。

外の風もこの木のおかげで感じることができ、頭にどんぐりが当たる以外は最高だと思っています。

親父が小さい頃からあったと言っているので、かなり古い木だと思いますが、これからもこの木とともに生活していきたいと思います。

プラン考えています。

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

新築工事のプランを考えています。

子育て真っ最中のお客様でして、先日打ち合わせしたご要望をプランに落とし込んでいます。

シンプルでカッコよい家にして下さいと言われています。

朝4時からプランを開始しとりあえずの形ができました。

まだまだこれからですが。

今年中に着工できたらと思いますが、しっかりと打ち合わせを重ね、お客様と一緒に楽しんでいきたいと思います。

 

先をみすえ変化する

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

暑い夏が終わり季節も秋へと移り変わる。

自身の体調管理がまねいた坐骨神経痛と高血圧。

腰に持病を持っており、いつもは一週間もあれば治っていたのですが今回はいまだに治らないでいます。それに血圧も下が120を超えており、越えるというより肥えていると言った方が適切であるでしょう。

皆さんに痩せやと言われ続けては、目の前の欲求に負けズルズルと日々を過ごしてしまった結果だと深く反省しています。

さて、仕事も今は順調で皆様に大変感謝の気持ちでいっぱいですが、いつもご依頼をいただくまでじっと待っている状態、先の仕事は神様のみ知るみたいな感じで過ごしてしまっています。

人と人との繋がりで仕事はいただける、それが最も大切であることは今でも変わりないですが、時代の変化とともに自信も変化していかなければいけません。

今、大きなチャンスを仲間にいただきました。

最も大切にしている繋がりから、先をみすえた変化をしたいと思います。

肉体改造とともに。

もっと見る

八木の家に行ってきました

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

4月にお引渡ししました八木の家にいきました。

ロフトにアイアン手摺を設置しました。

コンパクトな土間のある家になってます。

小さなお子様もロフトに登ったり、靴にはきかえ土間で遊んだりと、家の中で色んな遊びを考え笑顔いっぱいで走りまわる姿をみて、とても嬉しくなりました。

お寺に調査に行きました。

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

南丹市日吉町のお寺に調査に行きました。

私の住んでいる地域外からのご依頼で、このお寺の檀家さんが弊社のお客様でありご依頼いただきました。選んでいただけたことに感謝します。

お盆に檀家の皆さんが寄った時、今までなかったシミが天井にできていたみたいで、雨漏りの可能性があるのではと早急に調査して治さねばとなったみたいです。

天井の点検口から覗くと、やはりシミがある場所に雨漏りらしき跡がありました。

屋根は銅板で葺かれていて棟には飾りが付けられています。この部分がかなりあやしい感じです。ハゼの加工部分が劣化している可能性があるのではとの見解であらためてゆっくりと調査、改修することとなりました。

 

 

 

 

 

 

明日から仕事です

南丹市で高気密、高断熱住宅専門店のセイチョーです。

お盆休みも今日までです。

明日から通常の営業にもどりますが、見積もりがたまっていて頑張ってやらなければと思います。

大型リノベーション、新築工事2件、お寺のメンテ及び改修工事、その他、たくさんのご依頼をいただいていますが業務を1人でこなしている為、お客様に大変ご迷惑をおかけしています。

体制を整える事が今後の弊社の課題であり、ご迷惑がかからぬようにしていきたいと思います。

本日は家族サービスに努めたいと思います。